近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


# "群れ"と仲間はずれ。
マル子の苦悩。にはたくさんの方が共感ボタンを押してくれたようでありがとうございましたハート

特に女性は、子供の頃にこういう経験された方ってたぶん多いと思います。私も色々とありました・・・。マル子の立場になったこともあるし、仲ちゃんの立場になって本当はすごく嫌だったのに断っても断っても執着されたことも
ありました。まぁ、次の(従順な)ターゲットができればあっさりとポイ捨てされて開放されましたが。(そして、私に対しては嫌がらせや無視が始まる・・・)子供も大人も女の世界は大変ですショック

さて、とっても心に残った記事があったので紹介します。



中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。でも、さかなの世界と似ていました。

たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。

助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。

話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても、楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。

広い空の下、広い海へ出てみましょう。

東京海洋大客員助教授・さかなクン (朝日新聞2006年12月2日掲載)





排他的な存在を作ることで他が一層団結する ・・・動物ならまだしも、高い知能を持ち、言葉をしゃべれて感情も豊かな人間の世界でも、こんなことが日常におきている。なんとも虚しいバカげたこと。

だから、日々思うしマル子にもよく言うけれど私は私。これって本当に大事なことだと思います。人と一緒じゃなくてもいい。間違ってると思いながら同調なんてしなくていい。

自分が正しいと思うことを自分で選び生きていく。そんな強い人間になりなさい、とこれからも教えていきたいです。

たくさんの応援ありがとうございます。まだまだ解決はしてないけど、マル子は今日も元気にクラブへ行きました笑顔


いつも読んで頂いてありがとうございますハート
そして、ぽちっとしてくれている、そこのあなたさま。応援して頂いてるような気がして、とても励まされています。ありがとうございます。今日もぽちっとして頂ければ嬉しいです↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ご近所・お隣さんへ
 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# マル子の苦悩。
マル子の通う児童クラブでは、日々結構色々とあるのですが、2年生になっていじめっこの女の子が辞めて、割といい雰囲気でだったようで、楽しそうな話をよくしてくれていました。

が、夏休みになって、いじめっこ女子がまた通い始めたようで、マル子から、時々グチを聞くようになってました。「そっかー」と聞いてあげてたんだけど、だんだん頻度が多くなって。

いじめっこ=いじ子  仲良しの子=仲ちゃん マル子=娘
で、以下読んでいただければ・・・汗



どうやら、仲ちゃんをイジ子が独占して、マル子が仲ちゃんに話し掛けたら睨んできたり、ヒソヒソ話で仲ちゃんや他の女の子にマル子の悪口を言ったりするらしい。なので、マル子は他の子と遊んでるみたいなんだけど、それでもわざわざ近くに来て文句言ったり、聞こえるように悪口言ったりするって。

そして、私がうへぁ・・・って思ったのは、ある日仲ちゃんがお休みだったらしい。そしたら、イジ子はマル子に「遊ぼ〜♪」って言ってきて、ずーっと一緒にいたと。しかも、いつもとは全然違う態度で、とっても優しかったらしい。

「本当はいつも意地悪されてるから、遊ぶの嫌だったけど、「遊ぼう」って言われて「嫌」って言うと、イジ子にされたことをしてしまうことになるから一緒に遊んだ」とマル子は言っていました。で、また仲ちゃんがクラブに来たらマル子を無視したり、悪口言ってくる…。


ウゼー L(゚皿゚メ)」


私は常々マル子に、嫌な事は、大人になっても、誰にでも絶対にあるけど、マル子のそれを、私が全て取り去ることは出来ないから、自分の力で乗り越えれるように強い人に少しずつなっていこうね。ただ、どうしようもなくなったら何があっても、絶対私が守ってあげるけん。絶対に。

とずーっと言ってきた。小さな時から。寝る前に話をすることが多く、決まってマル子は少し涙目になる。それを見て、なぜか私も涙目になって、笑いながら引っ付いて寝ちゃう。

今回の件を聞いた時も、同じ事を言って、嫌なら児童クラブ辞めてもいいよ。ここじゃなくたってなんぼでも、あるんやけん!(民間の学童とか)と言うと、

「うん。でも、夏休み終わってイジ子ちゃんが児童クラブ辞めたら、また元に戻ってみんなで仲良く出来ると思うけん大丈夫 (^-^)v」

とのことなのでもう少し様子を見ます。話を聞いていると、イジ子がトイレに行ってる時とかに仲ちゃんが話し掛けてくれたりするらしい。なので、仲ちゃんも本当はマル子と遊びたいと思ってくれてるのかもしれないな、と思ったり。

イジ子は何回か家に遊びに来たこともあるし、話した事もあるんだけど、大人から見たら、うわぁ…ちょっと…って思ってたから、この話を聞いた時は正直、やっぱり…って思いました。もちろんそれをマル子には言わないけど。

しかも、同じ児童クラブに「自称イジ子の彼氏」がいて、その彼氏がまたかなりの問題児。私の知人の子も暴力振るわれたって言ってたし、お迎えのときに、先生がお母さんに「もう少しお母さんからも言って聞かせてください」みたいに言われてるの聞いたし。

マル子は、その彼氏にもかなり悪口言われたり、仲良く他の子と遊んでても、わざわざそこに来て「マル子ブサイク」と言ってきたり、1度は「マル子死ね」とか言ったらしいので、かなり腹たったので、先生にもキツく注意してもらった事もあります。

そして、私もお迎えの時にイジ子彼氏に会ったので、色々やってくれよるみたいやけど、あんまり調子ぶっこいとったら知らんでと〆ておきました。(もちろん実際には言葉使いは違います。ニュアンスね。)それ以来、彼氏は何もしてこなくなったらしいのでよかったのですが。



今回、声を大にしてマル子に言ったのは、私も同じような経験があるよ。そんな意地悪な子って昔からおるけどね、そうやって意地悪する子は必ず1人ぼっちになるから。だからマル子は気にしなくていいからね。暴力振るわれたり、どんどん酷くなるなら必ず言ってね。母ちゃんがぜってー助けてやる!と。

まぁ、毎日意地悪されるわけではなく(仲ちゃんとは一切遊べなくなったらしいけど。)他にも遊ぶ子はいるらしいので嫌がらずにクラブには通っています。

基本、子供の世界へ立ち入りすぎるのはよくないと思っているので、まだ様子をみますが、ちょっと度が過ぎるというか、目に余る所がありますし、やはり「怖い大人の存在」って大事だと思いますので・・・ さーて。今日からお迎え時にイジ子に、


アタイ知ってるぜ。テメーの悪事。


の如く、無言の"私の存在"を植え付けてやんよ (・∀・)


にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(4)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# (ToT)
楽しい旅行♪

行けませんでした(TOT)

出発前日にまさかの娘の発熱。しかも39℃。
泣く泣く全てをキャンセルしました。
1日経っても2日経っても熱は下がらず悪化。
ちょっと怖かったので、かかりつけの小児科ではなく初めての総合病院へ。
しかーし!!行ったときに熱が37℃台だったもんで、ただの夏風邪と診断されてしまいました。
もらった薬を飲みつづけても一向によくならないので、今度はかかりつけの小児科へ。
すると、先生開口一番にマイコプラズマ肺炎だと思います。と。
検査したら見事に陽性でした。今、モーレツに流行ってると小児科の先生が言ってました。

うちの娘の特徴としては、
・急に高熱が出る。
・高熱の割には元気で食事も不通よりは少ないけど食べる。
・熱が上がったり下がったりする。(39℃⇒37℃台⇒38℃台⇒39℃・・・・)
・どんどん咳が出始める。
・咳が出るのに喉は痛くないらしい。
・咳は痰が絡まない咳

こんな感じ。かかりつけの先生曰く年齢やこの辺りの流行状況と
こんなに分かりやすいマイコプラズマの症状が出てるのに、見逃したらいかんわなぁ(´・ω・`)

とのことでした。。。先生ごめん。

これからは今まで通り、ちゃんとセンセーのとこに1番にくるね。
入院とかになったら怖かったので大きい病院行っちゃったのよ・・・。
と心の中で謝りつつ、今までとは違う抗生剤を出してもらって帰りました。
そしたらその抗生剤が効いて劇的に回復エクステンション
薬って凄い・・・。マイコプラズマには専用の抗生剤があって、
他のは効かないらしいです。(最近は耐性菌も出てきたようですが・・・)

結局39℃近い熱が1週間も続きました。なんでこんな時に限って・・・と
かわいそうでしたが、元気になってくれたのでホントよかった。
私も丸1週間仕事を休みました。
なので、まぁ「少し早い私の夏休み」には変わりなかったんですけどねアセアセ
大丈夫。夢の国は逃げやしないぜ指
と娘を慰めつつ、旅行のリベンジを誓うのでした。
いや、でもホントに流行ってるらしいので、皆様も気をつけて・・・。

大人にもうつりますので。

と言っても、若い人が多いらしく小さい子よりも、小中学生の方が多い
なんていう、ちょっと変わった?肺炎なのです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ご近所・お隣さんへ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ  にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# 子育てタクシー。
時間が足りない・・・と思いながら過ごしている毎日。それはマル子も同じだと最近思っています。


毎日5:30頃まで児童クラブで、週に2日は公文。(本当は、もう1つ習い事があったんだけど、私の送迎が限界になって辞めてしまいました。

5:30から公文に行って約1時間半あるので、色んなことが遅くなってしまってマル子にも負担がかかってしまってる気がしていました。

でも、どうしても公文は止めたくないと言う・・・。私自身も、色んなことが遅くなったり、習い事に連れて行く⇒ 家に帰る⇒ 迎えに行くことが負担と感じていました。

でも私の親も働いてるしで頼る人がいない・・・。そこで、ファミリーサポーターさんやシッターさんなど色々問い合わせてみて

子育てタクシー

を勧めてもらいました。専用のドライバーさんが、児童クラブまで迎えに行って習い事に連れて行ってくれる。

しかも、キチンと習い事の室内まで一緒に行き、先生に引き渡してくれてその後、「完了しました。」と私に連絡してくれるらしい!!

専用のドライバーさんは、小児救急法や子供とのコミュニケーションのとり方を学んだり保育の実習など子育てタクシードライバー養成講座を終了している方だそうです。マル子に説明して、大丈夫?と聞くと

大丈夫・・・だと思うけど、迎えに来てくれたら「お願いします。」
降りるときは「ありがとうございます。」でいいの?


と言ってので、


それでよし(*・∀・*)ノ


と言う事で、利用してみようと思っています。これで、私が仕事中に迎えに行ってもらって、習い事に行って、ちょうど終わる時間に私が迎えに行くことができますヤッタv

調べてみるといろんなサービスやサポートがあるんですねエクステンション


お金を払って頼むなんて贅沢だ!などの意見もあるかと思いますが、私の1番の望みは「子供と一緒の時間を少しでも多くとること」1人で頑張れない部分はサポートを受けて、なるべく子供との時間を多くとれるよう、笑顔でいれるよう子育てしていきたいな、と思っています。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(7)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# 意地悪な子。
ちょっとモヤッとしたので書きます。
昨日、娘を児童クラブに迎えに行ったら1人で遊んでいました。
いつもは、誰かと遊んでいるのに珍しいな・・・と思ったし、
ちょっといつもと感じが違ってたので、帰り道で 「今日は1人で遊びよったん?」 と聞くと、
「○○ちゃんに、お人形遊び寄せてもらえんかった。」と。
「寄せて〜」って言うと「嫌」って言われたと。
他の子は入れてもらったのに、うちの子だけ嫌って言われたみたいです。

まぁね、女の子ってこういうことあると思うし、こんな事を繰り返して大きくなるんだと思う。
しかも、子供の言う事だから鵜呑みにはできないし、気付かないうちに、
うちの子が何か言ってしまったのかもしれない。ってなことで、様子を見ることにしました。

娘には「意地悪言われて嫌な気持ちやったねぇ。でも、たまたま機嫌が悪かったのかもしれないし、マル子、が知らないうちに何か言ってしまったかもしれないから、
もう少し様子を見てみようね。でも、続くようだったら言ってね。
いつも言われるなら、それは本当の意地悪やけんね。
お母さんは意地悪は嫌いやから、止めてもらうように考えないかんけんね。」

と言うと、「うん。分かった。」と言いました。その後、

「嫌って言われた時に、理由聞かなかったの?」と聞くと、
「聞いたけど、「別に」って言われたけん、「じゃあいい。」って言ったんよ。
意地悪言うのはダメな事やけん、そんなん言う子とは遊ばんでもいいって思って。」


と・・・。間違ってないよ。うん。間違ってない。
ただ、意地悪な女子ってそういう正論とか言う子、嫌いだったりするじゃん・・・。
と、思ったりも少しするけど、でもでも、確かに意地悪な子と無理に仲良くしなくてもいい。
娘も、その子と遊びたかったんじゃなくて、みんなとお人形遊びがしたかったみたいだし。
以外に強いなぁ〜と感心したり、今後の”女子特有の世界”
少し怖かったり。
でも、自分の子が”意地悪な子”にならないようにしっかり教育しなきゃ。
毎日言い聞かせてる

人にされて嫌な事はしたらイカン

をこれからも大事にしよう。
今日は笑って帰ってきたらいいな。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(4)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# 大事に育てたホワホワ。
頑張れば花開く?
ちゃんと毎日お水をあげたから。
娘が育てたオジギソウ。
キレイな花が咲きました。



にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(0)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# おいしい日。
娘と作ったパン。こんな時間が好き。

ちょっぴりイビツだけど、おいしくイタダキマシタ。


にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(0)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# いつも思う。
子供が寝てる時、いつも思う。


長くなったなぁ…。


正確に言うと、


背が伸びたなぁ…。


なんだけど(笑)

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(0)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

# 魂の重さ?
昨日、園に娘を迎えに行って買い物に向かう車中で、娘が「ねぇ、ママ。死んだら人って軽くなる?」と。どうして?と聞くと、「死んだら、命が消えるでしょ?だからその分軽くなる?」って。

ほほぉ〜。6歳でもそんなこと考えるのか、とちょっと感心。普段から、園でも「命は1つ」と教えて頂いてるみたいだし、私自身も、命の大切さを日ごろから言ってる。なので、なんとなーくでもそういうことを考えてくれたことに嬉しくなった。

で、

気になったことは調べないと嫌な性分でして。調べてみると、本当に軽くなるらしいゆう★

約21g前後軽くなるんだって。それが「魂の重さ」とも言われているみたいです。(実際は水分が蒸発したりガスが抜けたりとか色々な説があるようです。そして現代においてもはっきりと証明されてないみたい。)

証明されていないし、科学的には「魂の重さ」というのは否定されている。でも、そうやって「命」について子供が自分で考えてくれたことに成長を感じました。科学では否定されても私は「魂の重さ」だって思いたいなあ子供の発想ってすごいなぁ、って思った日でした。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
 

 | コメント: comments(0)  |   カテゴリー: *マル子のこと    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。30代のワーキングマザーです。関西方面の新興住宅地在住。

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
* ランキング *
Search this site
Archives
銀次&モモコ
Links
楽天Edy
とっても便利!こちらの記事で詳しく書いてます♪