近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


# どんだけ?!
なんつーか。
マル子はとーちゃんが大好き。
最近は、人前で手を繋ぐのは少し恥ずかしいみたいだけど大好き。初詣にて。
image.jpg

どんだけ好きなん・・・ゆう★とーちゃん、ケガ人やから・・・泣

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(0)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# あなたの笑顔のために。
毎年、この時期になるとサンタさんに手紙を書くマル子。
今年は、そんなマル子へのサプライズ。
サンタクロースからの手紙
60字までだけど、フリーメッセージも入れれます。

最高の笑顔のマル子を想いながら。


にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# ピンチをチャンスに。
そんなこんなで、我が家にとっては事件になったマル子の骨折。
1週間近く経ちましたが、元気に過ごしています。ただ、利き手なこともあって、
結構不便が多いです。マル子も最初は不安がっていたので、
不便かもしれんけど、マル子なら大丈夫。
家でも学校でも、自分で出来る事は自分でやること。
でも、出来ない時は手伝うよ。学校でも、出来ないことは手伝ってもらってね。
人生、いいことばっかりじゃないし、大変なこともたくさんあるけん。
今回みたいなちょっとピンチな時は、それを乗り越えていけるようになるための
チャンスやから、頑張ろうね。

と話した所、ほぼ自分でやっています。

家で唯一、自分で出来ないのは ”頭を洗うこと” ですね・・汗
これは、ホントしょうがない。。。ギプスは濡らせないからね・・・。
利き手の骨折なので、鉛筆が持てません。
でも、彼女は左手でノートも取るし宿題もしています。
(読めなかったらいけないので、計画帳だけはお友達が書いてくれます。)
最初はフニャフニャで読めませんでしたが、今では漢字も書けるようになっています。
給食だって自分で食べます。左手でお箸を使えるようになりました。
着替えだって自分でします。
大荷物の月曜日でも、荷物を手提げ⇒ナナメ掛けカバンに変更して、
私の付き添いなしで行きます。今週なんて、月曜日が雨だったので傘も差して・・・アセアセ
子供の適応能力には驚かされます。そして、たくましいです。

学校では、先生が
「マル子ちゃんが困っていたら手伝ってあげてください。」
と、みんなに話してくれたようで、給食当番を代わってくれたり、
計画帳を毎日交代で書いてくれているようです。
ありがたいなぁ、と本当に感謝しています。
優しくしてもらった事に感謝して、同じように優しくしてあげれるように。
人の痛みが分かる子に・・・

今回のことは、幸いなことに大事に至らず、
日常生活もできるし、マル子にとってたくさんの事を学ぶいいチャンスだと思っています。

にほんブログ村 その他生活ブログ ご近所・お隣さんへ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ  にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(8)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# マル子が骨折。
先週の午後、突然、仕事中に学校からの着信。
旦那や学校から昼間に電話があると、すごーくドキドキしませんか??
そんな予感は的中し、先生が
「昼休みにうんていをして遊んでいたら落ちて、顔にあおじ(アオタン)ができて、腕も腫れているので、念のため病院に連れて行ってあげてください。」って!

何事かと思ってすぐに迎えに行くと、あおじといってもそんなに酷くなくて、
手の腫れも、まぁそんなに酷くなくって一安心。午後の診察も始まってる時間だったので、
以前行ったことのある整形外科へ。先生、レントゲン写真を見て

「あ〜、こりゃ骨折やねぇ」

と先生。そ・・・そんなぁ・・・。利き手だよ・・・。
まぁ、でもポッキリは折れてなくて子供によくある「若木骨折」というやつ。
その後、ギプスをするまでのしばしの待ち時間。
ソファーに座っていると、マル子がメソメソと泣き出した・・・。
「どしたん?」と聞くと、黙ったまま。
「骨が折れたって聞いてびっくりしたん?」と聞くと黙ってうなずいた。
「大丈夫よ!」と私。
「何でそんなん分かるん?大丈夫じゃないかもしれんよ。」と小さな声でマル子。

だって、私も小学生のときに
全く同じ所、同じように骨折したもん。


マル子、唖然・・・。実は私も小学校3年生くらいのときに若木骨折経験者。
しかも夏場で、ギプスの中が臭いのなんのって。そうこうしてると、処置室に案内され、
看護婦さんが 「大丈夫だからね。ガマンしたらすぐ終わるよ。」と。

私、????ギプスするだけじゃないの??何をガマン???
とハテナがいっぱい。そうすると、先生もちょっとガマンしてよー。骨を元の位置に治すよ〜と。
そして、数秒後にマル子の絶叫。

ぎゃぁぁっぇlkkじぐぎょぇー(←こんな意味不明の絶叫。号泣。)

そして、先生の「ヨシッ!」という声で終了。
どうやら、整復と言うらしく曲がったまま骨がくっつかないようにするらしいです。
ただ、マル子は病院でホントに泣いた事がなかったので親の私がびっくり。
ちょっと見ていて涙が出そうでした。

- 長いので続く -

にほんブログ村 その他生活ブログ ご近所・お隣さんへ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ  にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(0)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# 明日の君に。
昨日の夜、マル子が「お母さーん。これどこに貼ったらいいと思う?」って聞いてきた。
見てみると、メモ帳に

明日のマル子へ。
あしたは、学校にはち(鉢)を持っていく日なので
いつもより早くいえを出ること。
わすれないでね。はちは、ナイロンぶくろに入れたほうがいいと思うよ。
あした1日行ったらお休みです。
がんばってね。
きょうのマル子より


と書かれていました(;゚;ж;゚; )ブッ (原文のままです。)
忘れないように、メモに書いて、貼っときー。と言ったけど
ちょっと笑った。と共にかわいく思った。
大人は、繰り返す毎日で「明日の自分」を意識することもなく日々が過ぎて行くけど
改めて、明日の自分、1ヵ月後の自分、1年後の自分のために今を日々生きていかなくては、
と思ったりしました。
7年前は、もう家にいたくなくて、毎日憂鬱で、先の事なんて想像できなかったけど、
なんとか笑えています。そして、自分としてはいい方向に向かってると思う。
(気にしないこともそうだし、実際に井戸端の人数も減ってきてる気がする。)

昨日までの私、ありがとう。
明日からの私、どうぞよろしく。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# 秋のイベント!運動会。
秋になって涼しくなったので、毎日道路で運動会です。
・・・という日記ではありませんあ
先週、マル子の運動会がありました。もう小学生2回目の運動会・・・。早っゆう★

私も旦那も、”1年で最も活躍できるのが運動会”という子供だったんだけども、
(まぁ、お勉強が得意じゃなかったってのもある・・・。)
どうやらマル子はそうじゃないみたいで汗
近づくに連れて「大丈夫かな??ちゃんとできるかな??」と不安がっていましたが
当日は元気一杯頑張っていました。特にダンスは、ずーっと笑顔で踊っていましたゆう★

マル子の学校は、前日の席取りは禁止で、運動会の日の朝7時に開門なんだけど、
旦那が6:30に並んだ時点で番号は80番だったらしい0口0
なので、去年同様トラックからはだいぶ離れた場所に敷物を敷いて、マル子の競技の時だけ前に見に行く・・
みたいな感じでした。(結果、砂埃も被らず日陰にもなってよかったんだけど。)
ちなみに、今年の1番の人は朝3:30から並んでいたってゆう★

そしして、今年私が感動したのが、6年生の競技。
6年生のリレーを見て、我が子が出ていないのに胸が熱くなりました。
6年生はトラック1周するんだけど、1周あれば抜いたり抜かれたり、こけたり
バトンを落としたりとドラマがあります。
バトンを渡す方は、待ってる仲間に向かって走り、
受け取る方もバトンと一緒に想いも受け取ってるみたいで。

そして大トリの6年生の組体操。
正直、「組体操が大トリ〜??」なんて思っていましたが、ナメてました。
本当に感動しました悲しス。
もし、あの中に我が子がいたら泣いてたな、って。(泣いてる親御さんもたくさんいました。)
最後は拍手喝采でした。

終わってから、旦那と「良かったね!!組み体操!!」と話してたら、
来年はもう少し早く並ぼうかと思ったけど、イカンな。
いい席は6年生の親御さんの為の席やな。
と夫。
妙に納得しました。
あっという間に大きくなっていく子供を思い、嬉しさと少しの寂しさを感じた1日でした。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# マル子と仲ちゃん。
夏休みは、ちょっぴり寂しい思いをしたマル子。夏休みが終わって、イジ子ちゃんはクラブに来なくなったそうです。そしたら、またマル子と仲ちゃんは仲良しに戻ったようで女の子

土曜日は、仲ちゃんがおうちに遊びに来ていました。その時に、マル子に仲ちゃんがくれたプレゼント。


お庭に咲いていたお花で首飾りを作ってきてくれましたニコッ

なんだかとっても心温まるプレゼント。2人でキャッキャと人形ゴッコ?していました。私にも仲ちゃんがいて、今でも仲良く付き合っています。なんだか、本当に私の子供の頃を見ているようで。マル子と仲ちゃんも大きくなっても友達でいれたらいいね〜。と静かに思う母でした。

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(5)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# "群れ"と仲間はずれ。
マル子の苦悩。にはたくさんの方が共感ボタンを押してくれたようでありがとうございましたハート

特に女性は、子供の頃にこういう経験された方ってたぶん多いと思います。私も色々とありました・・・。マル子の立場になったこともあるし、仲ちゃんの立場になって本当はすごく嫌だったのに断っても断っても執着されたことも
ありました。まぁ、次の(従順な)ターゲットができればあっさりとポイ捨てされて開放されましたが。(そして、私に対しては嫌がらせや無視が始まる・・・)子供も大人も女の世界は大変ですショック

さて、とっても心に残った記事があったので紹介します。



中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。突然のことで、わけはわかりませんでした。でも、さかなの世界と似ていました。

たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。

助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。

中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、その子はほっとした表情になっていました。

話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。

ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、悩んでいたりしても、楽しい思い出は残りません。外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。

広い空の下、広い海へ出てみましょう。

東京海洋大客員助教授・さかなクン (朝日新聞2006年12月2日掲載)





排他的な存在を作ることで他が一層団結する ・・・動物ならまだしも、高い知能を持ち、言葉をしゃべれて感情も豊かな人間の世界でも、こんなことが日常におきている。なんとも虚しいバカげたこと。

だから、日々思うしマル子にもよく言うけれど私は私。これって本当に大事なことだと思います。人と一緒じゃなくてもいい。間違ってると思いながら同調なんてしなくていい。

自分が正しいと思うことを自分で選び生きていく。そんな強い人間になりなさい、とこれからも教えていきたいです。

たくさんの応援ありがとうございます。まだまだ解決はしてないけど、マル子は今日も元気にクラブへ行きました笑顔


いつも読んで頂いてありがとうございますハート
そして、ぽちっとしてくれている、そこのあなたさま。応援して頂いてるような気がして、とても励まされています。ありがとうございます。今日もぽちっとして頂ければ嬉しいです↓
にほんブログ村 その他生活ブログ ご近所・お隣さんへ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# マル子の苦悩。
マル子の通う児童クラブでは、日々結構色々とあるのですが、2年生になっていじめっこの女の子が辞めて、割といい雰囲気でだったようで、楽しそうな話をよくしてくれていました。

が、夏休みになって、いじめっこ女子がまた通い始めたようで、マル子から、時々グチを聞くようになってました。「そっかー」と聞いてあげてたんだけど、だんだん頻度が多くなって。

いじめっこ=いじ子  仲良しの子=仲ちゃん マル子=娘
で、以下読んでいただければ・・・汗



どうやら、仲ちゃんをイジ子が独占して、マル子が仲ちゃんに話し掛けたら睨んできたり、ヒソヒソ話で仲ちゃんや他の女の子にマル子の悪口を言ったりするらしい。なので、マル子は他の子と遊んでるみたいなんだけど、それでもわざわざ近くに来て文句言ったり、聞こえるように悪口言ったりするって。

そして、私がうへぁ・・・って思ったのは、ある日仲ちゃんがお休みだったらしい。そしたら、イジ子はマル子に「遊ぼ〜♪」って言ってきて、ずーっと一緒にいたと。しかも、いつもとは全然違う態度で、とっても優しかったらしい。

「本当はいつも意地悪されてるから、遊ぶの嫌だったけど、「遊ぼう」って言われて「嫌」って言うと、イジ子にされたことをしてしまうことになるから一緒に遊んだ」とマル子は言っていました。で、また仲ちゃんがクラブに来たらマル子を無視したり、悪口言ってくる…。


ウゼー L(゚皿゚メ)」


私は常々マル子に、嫌な事は、大人になっても、誰にでも絶対にあるけど、マル子のそれを、私が全て取り去ることは出来ないから、自分の力で乗り越えれるように強い人に少しずつなっていこうね。ただ、どうしようもなくなったら何があっても、絶対私が守ってあげるけん。絶対に。

とずーっと言ってきた。小さな時から。寝る前に話をすることが多く、決まってマル子は少し涙目になる。それを見て、なぜか私も涙目になって、笑いながら引っ付いて寝ちゃう。

今回の件を聞いた時も、同じ事を言って、嫌なら児童クラブ辞めてもいいよ。ここじゃなくたってなんぼでも、あるんやけん!(民間の学童とか)と言うと、

「うん。でも、夏休み終わってイジ子ちゃんが児童クラブ辞めたら、また元に戻ってみんなで仲良く出来ると思うけん大丈夫 (^-^)v」

とのことなのでもう少し様子を見ます。話を聞いていると、イジ子がトイレに行ってる時とかに仲ちゃんが話し掛けてくれたりするらしい。なので、仲ちゃんも本当はマル子と遊びたいと思ってくれてるのかもしれないな、と思ったり。

イジ子は何回か家に遊びに来たこともあるし、話した事もあるんだけど、大人から見たら、うわぁ…ちょっと…って思ってたから、この話を聞いた時は正直、やっぱり…って思いました。もちろんそれをマル子には言わないけど。

しかも、同じ児童クラブに「自称イジ子の彼氏」がいて、その彼氏がまたかなりの問題児。私の知人の子も暴力振るわれたって言ってたし、お迎えのときに、先生がお母さんに「もう少しお母さんからも言って聞かせてください」みたいに言われてるの聞いたし。

マル子は、その彼氏にもかなり悪口言われたり、仲良く他の子と遊んでても、わざわざそこに来て「マル子ブサイク」と言ってきたり、1度は「マル子死ね」とか言ったらしいので、かなり腹たったので、先生にもキツく注意してもらった事もあります。

そして、私もお迎えの時にイジ子彼氏に会ったので、色々やってくれよるみたいやけど、あんまり調子ぶっこいとったら知らんでと〆ておきました。(もちろん実際には言葉使いは違います。ニュアンスね。)それ以来、彼氏は何もしてこなくなったらしいのでよかったのですが。



今回、声を大にしてマル子に言ったのは、私も同じような経験があるよ。そんな意地悪な子って昔からおるけどね、そうやって意地悪する子は必ず1人ぼっちになるから。だからマル子は気にしなくていいからね。暴力振るわれたり、どんどん酷くなるなら必ず言ってね。母ちゃんがぜってー助けてやる!と。

まぁ、毎日意地悪されるわけではなく(仲ちゃんとは一切遊べなくなったらしいけど。)他にも遊ぶ子はいるらしいので嫌がらずにクラブには通っています。

基本、子供の世界へ立ち入りすぎるのはよくないと思っているので、まだ様子をみますが、ちょっと度が過ぎるというか、目に余る所がありますし、やはり「怖い大人の存在」って大事だと思いますので・・・ さーて。今日からお迎え時にイジ子に、


アタイ知ってるぜ。テメーの悪事。


の如く、無言の"私の存在"を植え付けてやんよ (・∀・)


にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(4)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

# (ToT)
楽しい旅行♪

行けませんでした(TOT)

出発前日にまさかの娘の発熱。しかも39℃。
泣く泣く全てをキャンセルしました。
1日経っても2日経っても熱は下がらず悪化。
ちょっと怖かったので、かかりつけの小児科ではなく初めての総合病院へ。
しかーし!!行ったときに熱が37℃台だったもんで、ただの夏風邪と診断されてしまいました。
もらった薬を飲みつづけても一向によくならないので、今度はかかりつけの小児科へ。
すると、先生開口一番にマイコプラズマ肺炎だと思います。と。
検査したら見事に陽性でした。今、モーレツに流行ってると小児科の先生が言ってました。

うちの娘の特徴としては、
・急に高熱が出る。
・高熱の割には元気で食事も不通よりは少ないけど食べる。
・熱が上がったり下がったりする。(39℃⇒37℃台⇒38℃台⇒39℃・・・・)
・どんどん咳が出始める。
・咳が出るのに喉は痛くないらしい。
・咳は痰が絡まない咳

こんな感じ。かかりつけの先生曰く年齢やこの辺りの流行状況と
こんなに分かりやすいマイコプラズマの症状が出てるのに、見逃したらいかんわなぁ(´・ω・`)

とのことでした。。。先生ごめん。

これからは今まで通り、ちゃんとセンセーのとこに1番にくるね。
入院とかになったら怖かったので大きい病院行っちゃったのよ・・・。
と心の中で謝りつつ、今までとは違う抗生剤を出してもらって帰りました。
そしたらその抗生剤が効いて劇的に回復エクステンション
薬って凄い・・・。マイコプラズマには専用の抗生剤があって、
他のは効かないらしいです。(最近は耐性菌も出てきたようですが・・・)

結局39℃近い熱が1週間も続きました。なんでこんな時に限って・・・と
かわいそうでしたが、元気になってくれたのでホントよかった。
私も丸1週間仕事を休みました。
なので、まぁ「少し早い私の夏休み」には変わりなかったんですけどねアセアセ
大丈夫。夢の国は逃げやしないぜ指
と娘を慰めつつ、旅行のリベンジを誓うのでした。
いや、でもホントに流行ってるらしいので、皆様も気をつけて・・・。

大人にもうつりますので。

と言っても、若い人が多いらしく小さい子よりも、小中学生の方が多い
なんていう、ちょっと変わった?肺炎なのです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ご近所・お隣さんへ  にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ  にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site