近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< PTA関係の検索がすごい。 | main | 夫ヒロシとの別居の話と、猫さんの話。 >>
# やる気スイッチを探せ!!
先日、行きつけの美容室に行きました。

私はパニック障害を患ってから、美容室が凄く苦手になり・・・おばちゃんが行くような美容室(美容師さんもお客さんも60オーバーくらいのとこ)に通っていました。理由は、緊張しないし早く終わらせてくれるから。

でも、だんだんと調子が良くなって3年くらい前から、同年代のオーナーがいる美容室に変えましたはさみ

しかも、そのオーナーと非常に意気投合して、今では楽しく美容室に通っています。(ママ友はいないけど、パン屋とかクリーニング屋とかお店の人とは仲良くできるよ(笑))


私の髪を切ってくれる女性オーナーは、2児のママ。お姉ちゃんが受験生だったのですが、「あまりにも勉強しなさすぎて、行く高校がない!!」といつも嘆いておりました笑

「いやいや、みんな勉強してないって言うてホントは結構してるや〜んあ」などと言ってみたのですが、「いやいや、ミキさん。こないだの英語のテスト18点でっせ。」とオーナー。念の為、「何点満点中...?」と聞くと、


そりゃ、100点満点やん?ヽ(TдT)ノ


と言われ、そりゃ・・・もうちょっと頑張らなアカンな・・・と肩を叩いてなぐさめて帰りました笑
(結局、お子さんは無事に志望校に合格しましたよわーい


・・・とは言いますが、子供のやる気スイッチを押すのは難しい。

マル子は6年生の夏休み明けからは、平日で3〜4時間、休日は10時間とか勉強していました。でも「勉強せい!」と言った記憶はほぼありません。

なんつーか、もう覚醒モード突入状態で勉強することがあたりまえ、みたいな感じでした。同じ塾に中学受験生がいなかったので、競い合うライバルがおらず、常に昨日の自分と戦ってる感じで。

大手の塾に通っていない不安などもあったと思います。(ただ、模試は大手の塾で受けていたので、全体での自分の順位は把握できていました。)


私も夫ヒロシも学歴がありませんので、マル子は残念ながら優秀なDNAを持っていません。なのでいつも「勉強に関する優秀なDNAはマル子にはないので、とにかく自分で努力してね!」と言い聞かせてきましたが、その通り本当に努力する子だなぁ・・・と親バカですが感心することがありますあ

本人の性格もあると思うのですが、私がずっと気を付けていることは・・・「結果ではなく、努力を褒める」という事と「結果にご褒美は与えない」ということ、そして「ポジティブに導く」ということです。

マル子にはあまり物欲がないので、ご褒美を与えないことに意味があるのかどうかは分かりませんが、「テストでいい点を取ったら●●を買ってあげる」とか「英検に合格したら●●してあげる」などという事をしたこともないし、今後もするつもりはありません。(それが悪いとかではなく、私はしないってことです。)

だけど、運動会で頑張ったから今日はマル子の好きな物を食べに行こう!とか、模試を受けるために凄く一生懸命勉強してたから、来週は動物園に行こうね!という事は言います。(全て事後に言います。)


ポジティブに導くというのは、「勉強しないと将来困るよ!」と言うのではなく、「今、一生懸命勉強したら何にだってなれるよ!それって凄くない?」と言うようにするとか、「みんなもっと勉強してるよ!」と言うのではなく、「今努力してる事は、絶対未来のマル子の役に立つよ!」と言うようにする感じ。

もちろん、キィィィー!ってなりそうな時は多々ありますが、そんな時はとりあえず息を止めて、歯を食いしばる笑

だって、親のために勉強するわけじゃないし、親が怒っても子供は勉強しないと思うから汗

そして、何より子供のやる気スイッチは親が押せるものではないんですよね。パチッと入る時というのは、夢が見つかった時だと思います。


「自分の夢に向かって、自分が頑張る」

理由も目標もなく頑張るって大人でも難しい。だから子供にとって”夢”って本当に大事だと思います。夢はなんだっていい。

うちの場合は将来の夢を叶えるためには勉強が必須だから頑張っているけれど、スポーツや工作や観察や読書・・・それぞれなんだっていいと思います。

そして、私はいつもマル子に「夢を叶えてね」と言わず「自分で夢をつかみとってね」と言います。その方が、自分の為に自分が頑張るといイメージしやすいような気がして。


親が出来る事なんて本当に少なくて。でも、親にしかできない事があって。

その一つが ”見守り、導く” という事じゃないかな・・・と思いながら子育てをしてきたし、これからもしていきたいと思います。

入試後は、それまでよりも勉強のペースはもちろん落ちたし、入学後も宿題をするのに精いっぱいな日々ですが、それでいいと思っています。

マル子は小学校卒業と同時に塾を辞めました。続けていたことを辞めるのはちょっと不安もありましたが、今の所授業にはついていけてるようなのでこのまま様子を見ようと思っていますニコッ

今月末には、初めてのテストがあります。優秀な子たちがたくさんいる環境でドキドキするけれど・・・どうか、真ん中(よりちょい上希望)くらいであって欲しい・・・と願っております汗

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: -  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site