近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< まともな家の子供はいない。 | main | 昨日の記事の補足。 >>
# 道路遊びをTVで放送する難しさと、私ができること。
フジテレビノンストップで道路族が取り上げられてから、東海ローカルを含めTVのお話がありました。何度もやり取りをして画像を提供したりしましたが、お話は進みませんでした。ご協力頂いたのに申し訳ありません。

先日、NHKあさイチにて道路族問題が取り上げられなかった時に、れいなさんがメールでNHKに問い合わせをしてくださいました。その際のNHKのお返事が、

「アンケートを取ることで我々が予想もしていなかった反応や声があったり、取材が難航したりして、当初アンケートに記した放送日が延期になったり、場合によっては放送しないということもあります。…今回の「道路遊び」につきましても、批判の声だけでなく賛同する声も含め、多様な意見があり、アンケートに回答いただいた方々だけでなく、自治体なども含め、全体像を把握するため、予想外に取材に時間がかかり、番組にできるかどうか、検討を進めている段階です。」

という事です。驚いたことに、私がやり取りをしていたTV局の方がおっしゃったことと、後半部分が一緒でした。何か大きな力が働いてる?って思ってしまうくらい。

ノンストップにて取り上げてもらってから、世間での認知度が高くなり、しかも「道路族って迷惑だよね。」「あれって、親の問題だよね。」と思う人が多くなったと実感しています。

でも、逆にそうでない人もいるわけで。

「道路で遊んで何が悪い!」「今の子供は遊ぶところがなくてかわいそう」「昔から道路遊びはあるのに。心の狭い人が増えた」と言う人もいる。

TVの性質上、どちらかに偏った放送は出来ないということなんだと思います。メディアとて「お商売」ですから、もし大きな力が働いているとして、それがそれなりの利害関係にあるようなことがあれば、損害があるような放送はできなんだろうなと想像します。

また、この問題は取材協力などが非常に困難だというのもTVが難しい理由だと思います。


私が、道路遊びに対して一言で言うならば、

道路で遊ぶことは、大切な我が子の命を危険にさらし近隣住民に多大な迷惑をかけます。それでも、あなたは道路で遊ばせますか?

ということなんだけど、それが通じない人も世の中にはいる。でも、よく考えれば、「道路遊び」1つとっても反対派と賛成派がいる。悲しいことですが、世界中で戦争がなくならないのがなんとなく頷けます。

私もね、メディアにたくさんこの問題を取り扱ってもらって広く知られて欲しい、「道路族は迷惑だ」って世間に認知してもらい、またそれを元に子供が遊ぶ場所を整備して欲しいと心から思っています。

だけど、結局自分1人の力ではそういう大きな事はできませんし、今すぐ解決するわけでもありません。

だから、今日も道路族の奇声を聞かなければいけない...ボールの音が聞こえるだけで動悸がしてくる...と苦しんでる人がたくさんいます。

そんな中でこんな私が、今1人でも出来ること。それは、こうして自分の経験談を書き「あなたは1人じゃないんだよ」って伝えること。

”近所の主婦が毎日何時間も道路で井戸端会議しながら、子供を道路で遊ばせている”その状況が嫌だと、迷惑だと思うのは普通の事なんだよって伝えたい。

そして「自分で乗り越える」という気持ちが大切だよ、と苦しんでる人に伝えたい。

今凄く悩んでいる方は「そんなこと簡単に言わないで」って思うかもしれない。だけどね、私も本当に本当に悩んで苦しんだから。自分を責めたし、心のバランスも崩した。だから・・・そんな私だから・・・そう伝えたいんです。

もしも、私に魔法が使えたなら・・・迷わず日本中の道路遊びを消してしまいます。

だけど、私には魔法は使えない。きっとここにきている方の中にも、そんな魔法を使える方は...たぶんいらっしゃらないと思います。

そして、他人は自分の思い通りには動いてくれません。30年以上生きてきて、これは間違いないと確信しています。

だから・・・自分で乗り越えるしかないんです。自分の力で前に進むしかないんです。少しずつでいいから前を向いて。道路族に心を支配されないで欲しい。

私も以前は、何をしてても近所の事を考えていました。仕事をしていても遊びに出ていても、午後3時頃になると急に動悸がして、心臓がギューってなる。予定を立てるのも、近所の道路族の活動状況を中心に出発と帰宅時間を考える。

そんな生活をしていると、本当に何をしてても楽しくないんです。そしてどんどん自分が追い込まれていきます。

私のブログには、検索で訪れる方がとても多いのですが、きっとパソコンに向かって”苦しいよ”って気持ちを込めてキーワードを打ち込むんだと思います。

そんな方に「今すぐ警察に通報した方がいい」「被害があるなら訴訟も視野に」「すぐに学校に通報を!」「直接親に注意したらいい!」と言っても・・・そりゃ無理です。なぜなら、私は無理だったから。

心身共に壊れかけている時に行動すると言うのは本当に難しい。学校に連絡するのでさえも何年もかかりました。

そして、一生住むかもしれない持ち家で、近所の人を警察に通報するって、みんながみんな出来る事ではないと思うんですよね。

だから、今とても苦しい思いをしている人は、とにかく自分を肯定してあげて大切にしてください。

家を売って引っ越しした人も、もう自分を責めなくていいんだよ。決して逃げてなんかない。自分を守ってあげられたんだから。立派に乗り越えたと思う。もう笑って過ごして大丈夫だよ。


過去と人は変えられない。だけど、自分と未来は変えられる。


まずは、何よりも自分(家族)の心と体を大切にして生きましょう。辛い事や苦しいことがあれば、ここにどんどん書き込んでくださって構いません。誰かのレスへのお返事も大歓迎。そうやって心を修復し、だんだんと前に進めるようになったら、一緒に行動していきましょう。


最後に、声を大にして言いたい。


道路族のせいで、毎日を憂鬱に暮らしている人がいる。大損をして家を売った人がいる。心身の健康を損ねてしまった人がいる。

そして、大切な我が子の命を危険にさらす道路遊び。

それでも、あなたは道路で子供を遊ばせますか?と。


いつもポチっとありがとうございます。押して頂くとランキングが上がります。上がることでたくさんの方に見て頂ければ、道路族問題が少しでも広がるかな・・・とも思っておりますので、クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(13)  |   カテゴリー: 道路族問題メディア報道    |    

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/08/04 1:59 PM |

mikiさんの苦労も知らず、
「ああしてください、こうしてください。」
「ノンストップ残念でしたね。」などと、
いろいろ勝手を言った自分が恥ずかしいです。
放送されないのは残念ですが、
ネットを通じて道路族問題が周知されればよいですよね。

私はmikiさんのブログを訪れなかったら、
起き上がれなくなっていたと思います。
勘違いイクメンやボスに睨まれると辛いです。
でも、道路遊びのように実害はないですし、
何も悪いことはしていないので堂々と暮らして行こうと思います。


| ミミ | 2014/08/04 6:16 PM |

みきさんの言葉は心にすぅーっと入ってきます…救われます本当に!

心まで支配されたくない!!まさに今の私の叫びです!笑
ついつい考えてしまってるんです、そしてそんな自分に嫌気がさして…の無限ループ。
みきさんのおっしゃる通り自分や家族の心や体を大事にして、少しでもこの無限ループから開放されたいです。
開放されたらきっと見える景色も変わるんだろうな…
みきさん、皆さん毎日暑いですが負けずにいきましょー!!
| たぁちゃん | 2014/08/04 8:54 PM |

>そりゃ無理です。

注意、通報以上に有効な手段はないと思う(子供も大人も権威には従う。“隣の大人”は舐められる)。マスコミ等を通して社会的な認識を変えるということに期待してる方もたくさんおられるかもしれない。けどこれは達成できるか疑問だしすごく時間がかかります。仮に害悪の認識が世に広まったとして、解決してない社会問題もたくさんあるわけです。(苛めやそれこそ騒音問題も)

なので(気長に待ち続ける覚悟があるのでなければ)当面の間は個々でそれぞれの地域で平穏を勝ち取る必要がある。そのためにはある程度の強さがなければいけない。どうやってその強さを得てもらえるだろうかというところが難しい。

・「無理だという考えがある」ということと実際に「無理である」ということは違う。行動の支障になっているのは他のなんでもなく「あなたの中にある考え」です。

・しかしストレスで精神的に弱れば気持ちも弱くなる、というのも分かる。例えばバケツに次々と水が注ぎこまれてるとします。水はストレスで、バケツはその受け皿です。水位がある程度のレベルになると精神的に支障が起こります。例えば必要な行動をとるためのエネルギーが不足したりする。

なので水位を下げる必要がある。同時に水源の水を止める必要もある。
水位を下げるには運動や栄養たっぷりの食事とたっぷりの睡眠(これが取れなくて困るのだけど)が有効です。体を動かすような趣味があればそれもいいと思う。そうやって水位を下げてエネルギーを回復した後に水源を止める、つまり道路族と対峙する。エネルギーが不足しているのであればそういう道筋になるのかなと思う。

あとはとにかく一歩を踏み出して欲しい。親への直接の注意は怖いと思うので、とにかく電話魔になって学校・警察に通報すること。(多分そうなると思うけど)一度じゃダメなら何度でも電話して欲しい。

有効な“処方箋”はあります。あとはあなたが処方箋に書かれた薬を飲むか飲まないかという選択にかかっています。勇敢に闘って平穏を勝ち取ってください!
| クシ | 2014/08/04 9:50 PM |

miki様とTV局とのやり取りが私のもらった返信と同じ内容とのこと、本当に驚きました。フォーマットをコピペしたと考えられるほど同じ文面ということでしょうか。ということは、それぞれの局が独自に取材を進める過程で難しい企画だから諦めたというよりは、NHKと民間放送局を同時に黙らせるほどの大きな力が働いているということに?!
にしても、報道規制をかけるには余りにもお粗末なネタだと思いますが・・・政治的案件、外交的案件、或いは人命がかかっている刑事事件ならまだしも、「道 路 遊 び」ですよ。どんな大きな組織か知りませんが、路上でテントを張りそうめん流しをして、警察にくってかかっている輩を擁護していると考えると、滑稽すぎて笑えます。
| れいな | 2014/08/04 10:15 PM |

私が小さい頃まさにあなたの言う道路族でした。親の目が届くハイツや戸建が並ぶ前でギャーギャー騒いだりボール遊びをしたり。
今は逆に遊んでる子達がいなくて、どこで遊んでるのだろうと心配になります。
寂しいですね。地域のコミュニティがなくなるのは。あなたの心も。
放送が未定になる理由は、目くじら立てて怒るような事ではないなと取材しているスタッフ達が気づいたからです。
| ふみ | 2014/08/05 12:09 AM |

みきさん。お久しぶりです。

2年目になります。去年の今頃は精神をやられて入院してたのを思い出します。今だにフラッシュバックがあり…辛いです。寝ても覚めても道路族のことばかり。常に避難しています。

3時から7時半。時間がすごく長く感じます。最近は雨でも傘をさして井戸端会議、その周りで奇声をあげて遊びまわる子供。雨のちょっとした合間にまで道路族は集合するようにもなりました。恵みの雨だったのに。常に外の状況をチェックして外の状況を狙ってるとしか思えません。集団でしか動けない、取り残されたくないという気持ちが見え見えで気持ち悪いです。その中に主となる人がいて決まって出ています。集合でもかけるのでしょうか。もっとすることがあるだろうが!暇人って言いたくなります。

みきさんの文章見て、やりきれない思いでいっぱいです。本当、戦争と一緒ですね。どんなに傷つく人がいても常識が通じない。間違っています。悔しいです。私も通報したり直接注意したり…本当に苦労しました。でも何も変わらなかった。難しい問題です。現在は、自分の精神を保つのに精一杯な毎日です。疲れました。

閉め切ったままのカーテン。ベランダも使ってません。確認行動は欠かしません。出入りはパパッと短時間で済ませます。

道路族に合わせた行動をずっとしています。キツくても家の仕事がたまってても、子供が病気でも…。外で時間を潰す辛さ。

本当に辛いです 。でも精神を守る為には逃げるしかなく…。

家を建てなきゃ良かった。この感覚は私だけじゃないんだと思い、いつも救われます。確認行動がひどくなった時はパニックにもなってましたが、みきさんもしてたんだ!間違ってないって思うだけでホッとします。世間にこの非常識な実態をさらけ出し撲滅させたいです。今は応援する事しか出来ないような精神状況なんで、本当にすみません。孤独感でいっぱいですがなんとか頑張ってみます。
| はる | 2014/08/05 6:32 AM |

私もれいなさんのおっいるように、大きな力が働いた、とは思えません。「たかが道路遊び」ですから。
もし何らかの力が働いたとすれば、民放の場合はスポンサーだと思います。この問題は新興住宅街が多いので、スポンサーに住宅メーカーや建設会社がついていてはまずいでしょう。
実際、都内では「皆が家族のような街」をキャッチコピーとして売り出しているところがありますから。
しかしNHKには私はまだ期待しています。スポンサーが無い分、そういう制約が民放に比べて少ないでしょうから。
私はネットの力はたかがしれてると思っています。
ノンストップの直後はいろんな道路族とは関係ない方もブログに書いていらっしゃったのが、今では皆無です。
「道路族」で検索するのは悩んでいる方々がほとんどで、加害者が自らそれを目にする事はありません。
NHKが流れたことで(私は延期だと思っていますが)皆さま、悲観せず、もっと前に訴える必要があると思います。
族は今回NHKが放送しなかったことを自分達の都合のいいようにとらえ、道路遊びを再開しているところもあります。
まず被害者の我々が闘わずして、マスコミに本気度をアピールできるはずがない。
内向きにならず、まずは皆さまが行動されることを期待します。
| にょほほ | 2014/08/05 6:55 AM |

ギャーギャー騒いだりボール遊びしたり…

迷惑考えない非常識人。そんな子供が大人になっても自分の子供に同じことをさせるのでしょう。

時代は繰り返すんですね。迷惑かけた方は、迷惑かけられた被害者の気持ちを理解するのは難しいと感じました。気付こうともしない無神経さや自己中心的な考えが痛いほど感じ取れます。そういう育ちをしたなら、なおさらです。

非公開、公開はみきさんにお任せします。
こういう人相手に闘わなければならないのかと思うと…。気が重くなります。感覚が違うので言葉は届きません。
| はる | 2014/08/05 11:38 AM |

上のはるさんの意見を読んで… 私も同じ思いです…。
そして なにかとても悲しい気持ちになります…。
| maami | 2014/08/05 5:20 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/08/09 11:18 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/08/10 2:38 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/08/11 9:52 PM |

コメントする







#*
▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site