近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< 緊急連絡!今日はTwitterで「道路族」を呟きましょ。 | main | 夏休み明けの登校は、子供にとって難関である。 >>
# ご無沙汰しております。
もう8月も終わろうとしています。皆様、いかがお過ごしですか?

マル子さんは8月1日から17日までの短い短い夏休みでした。なのに・・・

宿題がいっぱい...え?!


●数学・英語・国語のワークが1冊ずつ&理科と社会のプリント

●読書感想文

●自由研究

●ポスター

中学生になったら、もう大物はしなくていいと思っていたのに・・・。1・2年生の間はしなければいけないそうです0口0

マル子は「勉強の宿題をもっと多くしてええから、大物はホントに勘弁してほしい・・・」と言いつつ、部活とともに一生懸命宿題も頑張りました。

ただ、親の目から見ても本当に多かったので、夏休み初日に宿題を全てテーブルに出し、スケジュールをたてました。

A5ノートで1日1ページで何をどこまでするか、部活のあるなし、その他の予定などなど全て書き込み、毎日終わったら線を引いて消していく方式。

おかげでなんとか全てやり切りましたkyu


そして夏休みの間、マル子は小学校のうさぎのお世話をしに行きました。小学校の間はずっと飼育委員をしていて、6年生では飼育委員長だったマル子さん。

小学校のうさぎを溺愛しています。ただ、やはり学校動物の環境はいいとは言えないので、在校中は良質な牧草やフードを我が家で買って寄付したりもしていました。

在校中は毎日欠かさずお世話をし、長期休みの間も学校に通って掃除をしたりしていたので、中学生になってからはずっと気になっていたようです。

職員室にいる先生に声を掛けて、うさぎ小屋を開けてもらい掃除をしていると、なんと定年退職した6年生の時の担任の先生が偶然通りがかって、長い間お話したそうです。

メールアドレスの交換もできて本当にいい1日になったと喜んでいましたちゅん

先生は退職後に小さな塾を開いているとのことで、夏休みの宿題を持って先生の所で何度か勉強もしました。1回1回お金を払えばいいシステムなので、今後も行ける時に行って勉強したいとマル子は言ってますあ

そんな先生から先日残暑見舞いが届き、「マル子と会えて嬉しかったよ。マル子は私の心のオアシスです。いつでも遊びに来てね。」と書かれていて、改めていい先生に巡り会えて本当によかったと思っています。

マル子は先生に出会うまで「学校の先生」が大嫌いで、親として密かに心配していたので汗


ちなみに、先生の息子さん2人はマル子が通う私立中学の卒業生。卒業後は東京大学に進学したそうです驚く

なので、マル子が使う教科書を見て「懐かしい〜」と喜んでいたそうです。

そんなマル子のあっという間の夏休みでした。今週からは、体育祭の練習も始まり毎日クッタクタで帰宅しています笑


いつも読んでくれてありがとうございますハート
クリックで応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: -  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site