近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< 夫ヒロシとの別居の話と、猫さんの話。 | main | 住宅街でのバーベキューは迷惑極まりない。 >>
# 嬉しさと、切なさと。
ゴールデンウィーク、終わりましたね・・・。私も今日からまた、日常が始まります。

今年のお正月はマル子が受験だった為、弟家族の帰省がありませんでした。そのかわり、この連休に帰省していたので、またそのお話は追々に。

そんな今回の連休で、1番の出来事は・・・

保護猫ちゃん全員に、里親さんが見つかったこと(・∀・)○

前回の日記で書いていたサビ猫ちゃんにも、無事に里親さんが見つかりましたkyu

友人・知人への声掛け、私の会社、友人の会社、動物病院などにポスターを貼ってもらったりした結果、1匹は先日も書きましたが、知人の「生涯最後の猫」として連休初日にお届けし、あとの2匹は別々のお宅ですが、両方先輩猫ちゃんがいるお宅にもらわれることになりました。

2家族共に少し遠方(しかも違う市)だったのですが、タイミングよく2匹を同日にお届けすることができたので、高速を使い往復5時間かけて2匹をお届けしてきました。

譲渡契約書を書いてもらい、家(猫の飼育スペース)も見せて頂きました。(それが譲渡の条件だったので。)

2家族とも「猫が大好き!!」というご家族で、先住猫さんたちも大切にされているのがとてもよく分かりました。子猫たちもすぐに里親さんに慣れた様子を見て、本当によかったと安堵し「どうぞよろしくお願いします」と託して帰りました。

最後の子を渡す時、マル子は車で寝ていました。夫ヒロシは「こんな時くらい、寝ずにちゃんと見送ればいいのに〜」と言っていましたが、私は・・・たぶん寝ていなかったんだろうなと思います。きっと彼女の心の中に、様々な感情があったんだと思います。

里親さんが見つからない場合はうちで飼うつもりでしたが、まだまだ小さいこの子たちなら、きっといいご縁がある。その方がきっと・・・幸せに暮らせるハズ!という思いで里親探しをしていたので、その想いはマル子に届いていたと思います。


離乳してからはマル子の部屋に猫のサークルを作り、マル子がほとんどのお世話をしてきました。(ごはんと遊びとトイレ)だから、猫がいなくなって寂しくないわけないけれど、「いい里親さんに貰われて幸せだね」と私が言うと「うんニコッ」と笑顔で言いました。

そして帰宅後は、猫たちが過ごしたサークルを自分で片付け、掃除機をかけて、久しぶりに黙々と勉強していました。


お届けの前日、マル子と一緒に子猫の最後の検診と爪きりに病院へ行った際に、かかりつけの先生が

「マル子ちゃん、子猫ちゃんたちはお母さんに拾ってもらって本当によかったね。あんな小さい時からここまで元気に大きく育てたのは、本当に素晴らしいです。その上、全員に里親さんを見つけるなんて、本当に大変ことだよ。ここまでにお金だってたくさんかかってるからね。お世話したマル子ちゃんも偉かった。寂しくなるけど、この子たちはきっと幸せになれるよ。」

と言ってくれて、私もマル子もとても救われました。実際、育てる事よりも、里親さんを見つける方が精神的にキツかったです。

なんせ、根暗のコミュ障なのでポスターを貼らせてもらうお願いもドキドキしたし、問い合わせの対応もしんどかった...。

大切にしてくれる人を探したかったので、お断りすることもあったのですが(家に来られるのは困るという方や、契約書を書きたくない人などは断りました。)その断るってのが、結構なストレスでした。

ちなみに、兄弟3匹ともに、エイズ・白血病の検査は陰性。検便でも異常なし。下痢や嘔吐も1度もありませんでした。

毎日、よく遊び・よく食べて・よく寝て、とても元気に育ち、我が家を巣立っていきました。

私たちに、たくさんの幸せと...少しの切なさを残して。


いつも読んでくれてありがとうございますハート
クリックで応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: comments(2)  |   カテゴリー: 保護猫    |    

コメント
miki*さん マル子ちゃん お疲れ様でした。
今回の記事 大きな感動と同時に 
マル子ちゃんやmiki*さんの
寂しいお気持ちを思うと複雑な気持ちになりますが
miki*さんやマル子ちゃんのおかげで子猫ちゃんたちは
本当に本当に幸せだったし これからも幸せになれるんですね。
そしてこの経験で マル子ちゃんは また一つ成長したんですね…。
別れは寂しいし 悲しいけど
miki*さんとマル子ちゃんが子猫ちゃんたちに与えた
無償の愛は とても大きくて素晴らしいと思います。

miki*さん親子は 本当に素晴らしいです。
感動で泣けてしまいました。
| maami | 2017/05/08 4:47 PM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2017/05/08 7:56 PM |

コメントする







#*
▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site