近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< やる気スイッチを探せ!! | main | 嬉しさと、切なさと。 >>
# 夫ヒロシとの別居の話と、猫さんの話。
実は、ちょうど1年程前から夫ヒロシと別居しています。

長く読んでくださってる方の中には、「あぁ・・・あの時のイザコザが尾を引いて結局・・・」と思われた方もいるでしょう。まぁ・・・別居の理由は・・・

ヒロシが長期出張のため・・・ですけども汗
この1年は、月に2日くらい一緒に過ごす生活です。


う〜ん、快適。


さて、私の前に子猫さんがやってきて、早くも1か月が経とうとしているのですが、このやってきたタイミングが絶妙でして。マル子の受験も、入学準備も終わり、そしてヒロシがいない。なぜヒロシがいないのが絶妙なタイミングなのかと言いますと・・・


ヒロシ、猫アレルギー


なのです。連れて帰っていいか聞いた時も、即いいよと言うくらい猫は大好きなんですけどね...。

もしかしたら、アレルギーなくなってるかも?とか言いながら、ヒロシが抱っこしたりミルクあげて触りまくってたら、目の周りが痒くなってしまいました悲しス。


そんな猫さん、お渡しはまだですが2匹目も里親さんが決まり、残り1匹になりました!!残りの1匹は、サビ柄と呼ばれる柄の猫さんです。サビ柄とは三毛猫の一種でほぼメスしか生まれないそうです。そしてこんな柄。

※きれいな写真が撮れなかったので、画像はお借りしているものです。

黒と茶色が混ざり合った柄で、写真を撮るのがとても難しい柄なのです。しかも、悲しいことに世間ではあまり人気がない柄のようで。(と言っても、最近ではサビ柄ちゃんの個性的な感じが大好き!という方も増えてきているようです。)

ちなみに里親探しでは、かなりの確率で最後にサビ猫さんが残るらしいです汗

わたし的には、このサビ柄、個性的でめちゃくちゃ魅力的だと思うんですけどね〜ハート
なんか、ちょっぴり哀愁のある顔で、かつミステリアスな感じ。そして美人が多いサビさんです。


犬も猫も(特に雑種では)毛の色が明るい方が里親さんが決まりやすいと聞いたことがあります。

我が家のモモコは黒いワンコですが、保護したボラさんは(ビビリの性格なのも大きかったのですが)この子は里親さんは難しいかも・・・と思ったそうです。


えーと、里親さんって言うのはね・・・


ちがう...(涙)

確かに、ダーク系雑種と言うのは強面に見えたり”お人形のようなかわいらしさはーと”。みたいなのは薄いかもしれません汗

しかーし!モモコも銀次もダーク色なので、黒い動物にガッチリとハートをつかまれている私です。

ちょっぴり強面にうつる黒犬

女子でも”男前”と言ってもらえる黒犬

写真に、”黒いかたまり”しか写ってないことがある黒犬

ソファーに放置された黒い服と見間違う黒犬

シャンプーした時の艶がピカイチな黒犬

白目がちらっと見えた時にトビキリかわゆい黒犬

そんな愛すべき黒犬・・・なのですハート


話がそれてしまいましたが・・・アセアセ
もしこのままサビちゃんの里親さんが見つからなかったら・・・?


・・・そりゃ、うちの子でしょうな汗
もちろん、その覚悟で連れて帰ったんですから。(そして、見る人に一度も「かわいいー♪と言われなかったサビちゃんが残ることは、最初から家族全員が予想していました笑

ということで、ヒロシはアレルギー検査に行きました笑

今まで、猫と触れ合ったら鼻水や目のかゆみがあったので猫アレルギーだと思ってはいたけれど、ちゃんと血液検査をしたことはありませんでした。

もしかしたら、違うかも!!ちゃんと調べなきゃ!!とヒロシは病院に行ったわけです汗(たぶん、違わないと思うけど...)

現在、ヒロシはドキドキの検査結果待ちでございます猫

もしヒロシが猫アレルギーで、サビちゃんがうちで暮らすことになったら、空気清浄器の増設と場合によっては、猫とヒロシの棲み分けを考えています。

今の所、同じ部屋にいるだけだったら症状は出ないので、あまり触らないようにしたら大丈夫かな〜と思ってはいるんですけどね。

そういう理由で、最初から我が家で暮らすという決断ではなく、全力で里親さんを探しています。なんとか、サビちゃんにも素敵なご縁があることを祈って、引き続き里親さん探し頑張りますきゃvネコ



人もねぇ、色んな人がいるじゃん。

浅田真央ちゃんみたいに、みんなから愛されるキュートで素敵な人もいれば、私みたいなダメ人間の根暗もいるもんで。

銀次のように、望まれて生まれ、大切に暖かい場所で育ち、初対面の人にも抱っこさせるイヌもいれば、モモコのように、どこで生まれたのかも誕生日も何も分からずに、殺処分寸前で助けられたものの、いろんなものが怖くてしょうがないイヌもいる。

誰かがどっちの方が幸せで、どっちの方がかわいそうだ!って言ったとしても・・・

みんなそれぞれの場所で、それぞれ自分の幸せを見つける事が出来れば最高だよね。

サビちゃんの寝顔を見てそんな事を思いましたあ




いつも読んでくれてありがとうございますハート
クリックで応援して頂けると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 | コメント: -  |   カテゴリー: *保護猫    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。30代のワーキングマザーです。関西方面の新興住宅地在住。

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
* ランキング *
Search this site
Archives
銀次&モモコ&保護猫
Links
楽天Edy
とっても便利!こちらの記事で詳しく書いてます♪