近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< かわいそうな子。 | main | ちょうどいい、距離感。 >>
# さよなら、小学校。
とうとうこの日がやってきてしまいました。

小学校の制服を着たマル子と一緒に、通学路を通って小学校へ行くのは・・・もう最後です。

厳かな雰囲気の中、卒業生1人1人に卒業証書が手渡され、在校生が卒業生に歌を歌うあたりで涙腺崩壊。

その後、卒業生全員で感謝の言葉・お別れの言葉を言うのですが、それも凄くよかったです。マル子の卒業生代表の挨拶も、堂々としていて我が子ながらに胸を打たれました。

我が子の成長はもちろんですが、6年間同じ学校へ通っていた同級生たちもみな本当に成長していて、気づけば私よりも背が高くなってる子も多く、みんなとても大人っぽくなっていました。

マル子と仲良しだった子も、マル子にいじわるした子も・・・みんなとてもいい顔をしていました。

それだけでも、本当に感動するし6年という時の流れを感じます。


式が終わるとそれぞれの学級へ移動して、最後の学級活動があり、担任の先生からお別れの言葉と共に、もう一度卒業証書をもらいました。

今年の担任は、本当にいい先生でマル子のいいところをたくさん伸ばしてくれました。優しく、厳しく、そしていつも味方でいてくれました。

色々あって、「学校の先生は嫌い」と言い続けていたマル子でしたが、担任の先生を「心から信頼できる大人」といつも言っていました。私もそう思います。

そんな素敵な先生と、小学校生活最後の1年を過ごせたことを本当に幸せに思います。


先生は今年で定年退職するので、先生にとってマル子達は「最後の生徒」となりました。「君たちを一生忘れない」という言葉で送り出してくれました。



マル子も私も一人ぼっちで入学したこの小学校。でも、この最後の日には私にもたくさんの方が声をかけてくれました。

マル子も、「マル子、一緒に写真撮ろう!!」とたくさん言ってもらいました。たくさんのお友達に囲まれて、写真に写るマル子は最高の笑顔でした。


マル子の同級生たちは、春から8校の学校へ進学するためバラバラになります。その中で、マル子だけ”たった一人”で進学します。

6年前と同じように、マル子も私もまた・・・一人ぼっちで入学です。

でも、きっと大丈夫!マル子の笑顔を見て自然とそう思えました。



色々あった6年間。

とても大切な6年間でした。

子供はきっと”色々ある”から成長するんだと思います。

”色々ある”たびに親は心配し、一緒に傷つき、泣いて怒って・・・そうやって親も親として成長するんだと思います。


これからもきっと”色々ある”と思いますが、変わらず見守り、そして「いつも私はあなたの味方だよ」とマル子に伝えていけたらいいな、と思います。


マル子、卒業おめでとう。

ありがとう。
さよなら、小学校。

image.jpg

ぽちっとお願いします*↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: -  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site