近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< 約1年3か月ぶりに。 | main | マル子の中学受験 - 成績の推移と日々の勉強 - >>
# マル子の中学受験 - 塾選びと志望校の話 -
2016年は、私とマル子にとって「THE お受験の年」でした。


小学校4年生の時に、マル子は”獣医師になりたい”から、より学べる私立中学(進学校)へ行きたいと言い始めました。(⇒まさかの!?中学受験

我が家から、私立中学へ行った者はおらず・・・また、最近の受験事情を聞ける"ママ友"など皆無な私は、全てが手探り状態で・・・

我が家は個人塾に通っていたので、塾も大手塾に変わるかどうかとても悩みました。色々と検討した結果、5年生の間はそれまで通っていた個人塾で頑張る!と決めた私とマル子。(その理由は⇒コチラ

6年生になる時に、やはり塾を変えて大手の中学受験の専門塾へ行こうか散々迷いました。



だけど、結局ずっと通っていた個人塾へ通い続ける事に決めました。それは、やはり私の中で どこで学んでも、頑張れる子は頑張れる と強く信じていたことが大きかったです。(ちなみに、個人塾は個別指導で塾代は大手と同じくらいです。)

大手の塾は受験のノウハウをたくさん持っていて、何より実績がある。塾の入り口には大きく「灘中学・開成中学・桜蔭中学 合格!」などと眩しいほどの最難関校の合格実績、そしてマル子の志望校の合格実績も貼られていて。それに何度心を揺さぶられたか分かりません泣き

一方、マル子が通う個人塾は、やはり4年生になると受験する子供たちはみな大手塾に移ってしまうので、実績は・・・ありません。なので、私たち親子にとっても塾にとっても 挑戦と勝負 でした。

個人塾で圧倒的に弱いこと・・・それは、受験生の中で自分がどの位置にいるかが分からないこと。なので模試だけは大手塾の公開模試を受けました。これは本当によかったと思います。


うちから通える範囲にある私立進学校は、

A校・・・超難関校。医学部・東大への進学者多数。偏差値70以上。

B校・・・全国的な知名度は低いが、難関大学・医学部への進学実績を徐々に上げてきている難関校。偏差値は68。

C校・・・比較的新しく少人数制で、あっとホームな学校。英語教育に力を入れている。難関大学・医学部への進学はそんなに多くない。偏差値60。

この3つです。なのでこの3つを受験すると決めて受験勉強をすることになりました。


マル子の中学受験 - 成績の推移と日々の勉強 - へ続く


※上記に記載した学校偏差値は某私立中学校偏差値サイトより記載しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング・にほんブログ村へ 

 | コメント: -  |   カテゴリー: マル子のこと    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。関西方面の新興住宅地在住。30代のワーキングマザーです。ママ友ゼロ、コミュ力ゼロですが娘は中学生になりました。(私立中高一貫校へ進学。)

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして子育てのこと、日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
Archives
銀次&モモコ
Search this site