近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< 学校への連絡。 | main | 家族という名の鎖。 >>
# 私が悪いのですか、そうですか。
なが〜い愚痴です。苦手な方はスルーでお願いします沈

もう11月になり、我が家では弟家族の奇声帰省の話が持ち上がってまいりました。


弟は、関東の都会の方で働いているので年末年始もお盆もGWも長い。

私や夫、そして母は関西の地方に住んでいるので、有給も使いづらく休みも多くありません。そんな中でも、1番長いのが年末年始。それなのに毎年、毎年・・・私や母の休みにピッタリ合わせて帰ってくるもんだから、大掃除やちょっとゆっくり・・・なんてことができず。(毎年、長期帰省で小さい子もいるし、ずっと実家に泊まるので、母1人では大変なので、私もつきっきりでいなくてはいけません。)

私は毎年それが凄くしんどくてたまらないのです。

しかも今年のゴールデンウィークなんて、弟家族と母のプレイに巻き込まれて(⇒私の心が狭いのかなんなのか。)私は一人ぼっちの連休でした。

本当にもうウンザリなのです。

弟は、嫁と子供を置いて地元の友人と飲みに行くのも楽しみのようだし、そもそも孫に会わせてやってるという親孝行プレイの一環のようで。嫁ちゃんは、こちらに帰ってくるのが本当に苦痛ではないようなので、それは有難い事だと思うし、本当に偉いなと私は尊敬しているのです。

私なら、いくら上げ膳据え膳で子供の面倒をみなくてもよくても、金銭的負担が一切なくても、家事を全くしなくてよくても・・・夫の実家に1週間の滞在はできませんドクロ


今年は12月28日から1月3日まで帰ってくると、母に連絡があったようなのでね、もうさすがにこらえて欲しいと母に言ったのですよ。(私も母も28日はまだ仕事だし!)せめて2泊3日くらいにしてほしいと。そしたら、珍しく母も私に共感。

「確かに毎年しんどいよね〜、もう少し遅らせて帰ってきて欲しいよね〜」と!

なのでね、私が弟と嫁ちゃんにメールしました。弟には、「毎年、長い間こっちに帰ってくるのは、嫁ちゃんも大変だし母も大変やから、今年は少し短くしたらどう?私たちもみんな仕事してるから・・・」と。

嫁ちゃんには、気を悪くしないように「12月28日から帰省するって聞いたけど、もしそうするなら、こちらはみんなその日は仕事なので(空港まで)お迎えに行けないし、大掃除する時間もないから散らかってると思うけどごめんね〜。」と。

えぇ、暗に

「こちら、みんな忙しいのです。どうかお察しください。」


ですよ。結局、弟ではなく嫁ちゃんから返事がきたのですが、その返事は・・・


「そちらは、みんな忙しくて大変だね〜。弟くんは23日から休みだから、うちはヒマで汗弟くんと話し合ったんだけど、28日の夕方に着く便にするね!」


Σ(゚д゚;) マヂカ!?



私が言いたかったことはそうじゃないぃぃぃぃ!!!仕事終わって迎えに来いってことかよ・・・おい。


そして、ここから嫁ちゃんと母のプレイがまた始まるのです。嫁ちゃんは母に「ミキちゃんから”みんな忙しい”ってメールもらったんだけど、忙しいのに帰ってごめんね。」とメールしてきたらしくえ?!

それに対して母はもちろん「いい姑キャンペーン」を展開。

「えー!あの子・・・!またそんないらん事言うて!大丈夫よ〜、私は帰ってきてくれて嬉しいし、早くみんなに会いたいですはーとと返信したわけです沈


そして、母は私に「嫁ちゃんに気を使わせるような事言うたらあかんやん!そんなに嫌なら、あんたはおらんかったらええやん。マル子だけこっち(実家)におらしたらええんちゃう?」と。

うん・・・・それができればね、とっくにやってるよ。私は、遠くから帰省してくるという人達に自分の子どもを丸投げして、あとはよろしく〜なんて言えやしないよ。

んなもんで、帰省日は当初の予定通り7日間に決定。私の休みと丸かぶり状態です泣


弟達からしたら「孫が見たいでしょ?家族そろった方がいいでしょ?こっちは帰ってあげてるんだから〜。」と思うところがあるかもしれないけれど・・・しかし、こちらはこちらで生活があり、休日すべてをあなた方に捧げなければいけないのですよ・・・。


そして母からの「帰省の日程が決定した」という報告のメールには、こう書かれておりました。

「私は弟くん家族が帰ってくるのも嬉しいし、向こうだって子ども2人連れて大変な中帰ってくるんやし、気持ちよく帰ってこれるようにしてあげて。何よりマル子が楽しみにしてるんやから、自分の時間が〜とか言わずに親なら子どもの為にそれくらいのこと我慢してあげたら?


・・・そうですか。私が悪いのですか。冷たい人間なのですか。


私とて、すべてが自分の思い通りになるなんて思っていないけれど・・・結局私がいつも悪者になり、その上私の要望なんて通ることがない。

”親なら子供の為に我慢してあげたら?”

うん、してるよ。私、たぶん結構色んなこと我慢してるよ。もちろんマル子の為になら、なんでも我慢できるよ。だけど、これって本当に全てマル子のためなの?



そして・・・



「あなたは、私の為に何を我慢してくれましたか・・・?」という言葉を、黒く苦いモノと一緒に飲み込みました。



分かるよ・・・とそっとぽちっと応援してくれたら嬉しいですハート
にほんブログ村 主婦日記ブログへ
 

 | コメント: -  |   カテゴリー: *家族に対してのモヤモヤ    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。30代のワーキングマザーです。関西方面の新興住宅地在住。

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
* ランキング *
Search this site
Archives
銀次&モモコ&保護猫
Links
楽天Edy
とっても便利!こちらの記事で詳しく書いてます♪