近所に馴染めない・・・そんな理由で家を売って引っ越します!

家の前での井戸端会議・子供の道路遊びに疲れ果て、築浅の家を売って引っ越そうと思っています。そんな記録。


<< 夏の終わり。 | main | ビビリ犬との根比べ。 >>
# 保護犬、トライアル初日。
先日、保護犬を迎えるお話をしました。

避妊手術を無事に終えて、我が家に雑種のワンコがやってきました犬



ほとんどの保護団体さんがそうだと思うのですが、正式譲渡の前には「トライアル期間」というのがあります。


本当に、この子を終生飼育できるのか。

先住犬(猫)と一緒に暮らせるか。



そういうことを確認する期間です。



ちゃんと犬を飼える環境かどうかを確かめるために、団体の方が家まで連れてきてくれます手



我が家に到着したけど、ケージからどうしても出てこないので、団体のボランティアさんがとりあえず引っ張り出して、抱っこで我が家の玄関に入った瞬間・・・






びっくりするほどの、

ビビリうんこ。

しかもユルユル。(食事中の方、ごめん。)






こうならないように、朝うんちをしてからは、食べ物を与えずにいてくれてそうですが・・・もう怖くて怖くてしょうがなかったんでしょうね悲しス。



マル子、私、ボランティアさんで、まずそれを必死で片付けてから、リビングへ移動。



当のビビリさんは、用意していたケージをソッコーで見つけて、光のような速さでケージにIN。

ボランティアさんは、銀次と遊んだり、私に説明やアドバイスをしてくれて1時間程で帰っていきました。




残された私は、ちょっぴり不安に。


だって、やってきたワンコはビビってしまって、ケージの隅で固まっていましたから。








でも、ボラさんが残していった、


「この子は、かなりのビビリだけど、食欲だけはあるから!」


という言葉を信じ、マル子がドッグフードを少し手からあげてみました。


そしたら、食べたー(・∀・)○


マル子は、






キュンとしたぁぁぁぁぁぁぁーーーーー!!!

(*゚∀゚)=3ハァハァ






と大興奮。それはまるで、福祉壮太くんに壁ドンされたようなキュンキュンっぷり。



とりあえず、まったく見知らぬ場所に連れてこられて疲れているだろうから・・・とその日は晩御飯をあげて、ケージに半分布かぶせて、そっとしておきました。


- つづく -

いつももぽちっとしてくれてるそこのアナタ様!本当に嬉しいですハート
続きも読むよーと、ぽちっと応援して頂けたら嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
 

 | コメント: -  |   カテゴリー: *犬と暮らす    |    

▲このページの先頭へ

Profile
profilephoto


管理人:miki*

私、夫(ヒロシ)、娘(マル子)、愛犬の銀次とモモコ(元保護犬)の3人+2匹暮らし。30代のワーキングマザーです。関西方面の新興住宅地在住。

近所に馴染めなかったこと、道路族に悩まされたこと、そして日々のことを綴っています。
詳しいプロフィールはコチラから
ハート
Selected Entry
* ランキング *
Search this site
Archives
銀次&モモコ
Links
楽天Edy
とっても便利!こちらの記事で詳しく書いてます♪